TOPICS TOP旅行医学とは医学雑誌Mebio掲載記事 | その他掲載記事 | 子どもの海外旅行高山病で死なないために旅行医学豆知識

 

■「小児の旅行医学」海外旅行に伴う健康問題を解説
-2012年度第11回日本旅行医学会大会より-
<教育医事新聞2012年6月25日>

第11回大会が2012年6月25日の教育医事新聞にて取り上げられました。


■旅による健康増進策など旅行医学会が研究成果報告
-2012年度第11回日本旅行医学会大会より-
<交通新聞2012年4月20日>

第11回大会が2012年4月20日の交通新聞にて取り上げられました。


■終末期医療で意見交換
-第5回看護部会より-
<交通新聞2011年12月26日>

第5回看護部会で行われたパネルディスカッション「終末期旅行に付き添う為の能力と提言」が2011年12月26日の交通新聞にて取り上げられました。


■中高年旅行者や登山者のリスク回避手段
-第39回日本救急医学会総会より-

第39回救急旅行医学会総会のパネルディスカッション「救急医療の現場から社会に発信できること~予防から応急手当・受診・フォローまで~」において日本旅行医学会専務理事の篠塚規先生が「中高年旅行者や登山者のリスク回避手段」と題して講演を行いました。その講演の抄録を掲載いたします。


■ 予防接種の重要性指摘
-2011年度日本旅行医学会夏季登山セミナーより-
<交通新聞2011年8月1日>

7月16日に行われた登山医学セミナー内のパネルディスカッション:「中高年海外ネパールトレッキングの為の予防接種」が8月1日の交通新聞に掲載されました。


■ 重い歯周病。動脈疾患5倍
-「第17回口腔保健シンポジウム」の特集記事より-
<読売新聞2011年7月31日」1日>
 ※この記事は読売新聞社の許諾を得て転載しています。「著作権の説明

本年4月22日当学会第10回大会で「歯周病と心血管系疾患」のご講演いただいた東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 歯周病学分野教授 和泉 雄一 先生が7月31日 読売新聞「第17回口腔保健シンポジウム」の特集記事にて紹介されました。


■ 放射線被曝に対する最新治療、放射線の妊婦への影響
-2011年第10回日本旅行医学会大会より-
<Medical Tribune2011年6月16日Vol.44,No.24>  

第10回日本旅行医学会大会にて講演されたDr.Thierry.de.Revelによる「放射線被害の現状と対策」、そして安西弦先生による「ニューヨークの出産事情 緊急追加トピック:妊娠中の放射線被曝」の2つの講演がMedical Tribune誌に掲載されました。
放射線被曝に対する最新治療や、放射線の妊婦への影響などが詳しく紹介されています。


■ 被曝時の治療法公開
-第10回大会より-
<交通新聞2011年5月6日>

第10回日本旅行医学会大会にて講演されたDr.Thierry.de.Revelによる「放射線被害の現状と対策」の公演内容が交通新聞に掲載されました。


■ 第10回日本旅行医学会大会大会長インタビュー
<教育医事新聞2011年2月25日>

第10回日本旅行医学会大会の大会長インタビューが教育医事新聞に掲載されました。


 
日本旅行医学会事務局
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-19-12 津田ビル 302
TEL.03-5411-2144 FAX.03-3403-5861

E-mail:info@jstm.gr.jp